日中医療衛生情報研究所

中国 乙06: 麻疹(はしか) (2019年08月度) : 日中医療衛生情報研究所


中国 乙06: 麻疹(はしか) (2019年08月度) : 日中医療衛生情報研究所

2019年 09月27日 『 中国 乙06: 麻疹(はしか) (2019年08月度)

中国 国家 衛生健康委は 09月27日、 8月度の 全国法定伝染病情報を 発布した。Measles

主な 各類感染症データを 可視化したものは以下から:
中国 国家衛生健康委 09月27日発表データに基づき、 2019年8月度 (8月1日 ~  31日分)のデータを加え、 2008年からの 推移、 月別 発症 ・ 死亡者数の 推移をグラフ化しています。今月は バックデートをせず、正しい日付で公開しているものの8月末から27日も経ってからの公開。 衛生健康委は あまりにも遅すぎと言わざるを得ません

中国 乙06: 麻疹(はしか) (2019年08月度):
2014年から、15年、16年と減少傾向にあり、 17年も減少して 5,941人となった。
速報 (月報累計)ベースでは 2017年は 6,670人であったが、 年報で 5,941人とされた(700人の削除)。
2018年は月報累計ベースでは4,483人だったが、年報では3,940人に(543人の削除)。

2019年08月度は、320人(死亡0人)となり、2018年5月以後2019年6月までは11月を除き連続で過去最低記録、12月以後は連続6か月で過去最低を記録していたが、7月にこれが途絶え、8月も過去最低ではなくなってしまった。 とはいえ、減少傾向にあることは各月発症者数の折れ線グラフからも明白だ。 それでも 2018年 12月以後は 7か月連続で 過去最低を 伸ばしており、 減少傾向そのものは、続いているものとみられる。 

前月の情報発信時に、ある先生から『WPRO のTAG Meeting(予防接種に関する諮問委員会@マニラに出てきましたが、中国もWHOも、中国における麻疹の減少を公式に発表していました』という情報を戴くほどに激減しているということです。 狂犬病も2007年の第三のピーク以後著しく減っており、これについてもNHCやWHOが何らかの宣言の様なものを発するのではと思っています
::::::::::::::::::::::::::::

中国 乙06: 麻疹 (2019年 08月度)

根据 中国 国家卫生健康委  9月27日 公布的数据, 可视化了 从2008年 到 现在的 「发病人 / 死亡例变迁」 图表。

中国 乙06: 麻疹 (2019年08月):
中国 麻疹 病人数 显示减少的倾向。 从 2014年 到 2016年 发病人数 越来越少, 2017年也 显示 这个 情况。
2017年度年报上的 发病人数是 5,941人,比2017年的 累计(6,670人)七百人被删除了
 比 2012年(3,378人) 一样的 水平。 每个月的 病人数 在 过去10年的 最低线上。

2018年度 年报上的人数 是 3940人。

2019年 08月份
发病 人数 : 320名
死亡 人数 : 0名。
这也是, 作为一个单独月份记录, 过去12年的 最低病人水平。
这病高峰期是每年4月 ~ 5月份。

::::::::::::::::::::::::::::

Measles in China (August 2019)

According to the National Health Commission (NHC)’s notification on September 27, 2019, we visualized the past several years’ diagnosed cases / Death case in several slides (PDF style). Though this month wise, the NHC did not backdate their release day, I wonder why they needed more than a month before announcement.

Measles in mainland China (August 2019):

Measles in China is decreasing year by year from the year 2014 to 2016, and the year 2017 showed the tendency.

Accumulated number of the cases in the year 2017 (6,670 cases) was almost the same as that of the year 2012 (6,678 cases).
It, however was revised to 5,941 cases on its Yearly report (700 cases were deleted).
Moreover, in the year 2018, the accumulated number of the cases of 4,483 was revised to 3,940 (543 cases were deleted.)

August 2019, there were;
Diagnosed cases: 320 cases,
Death cases: 0 case.

The figure is the second-best in the past eleven (11) years when compared as one single month. Though July and August’s patients were not the lowest in the past, We can see the tendency of decreasing cases from the fact that with one exception of November 2018, the number of incidents are basically the lowest in the past 11 years in a row.

Though the decreasing trend itself does not change, however, this month’s record was not the best in the past 11 years.
Though the number of Measles in this country has its peak season in April and May, the incidents in these two (2) years are dramatically decreasing.

【翻訳詳細全文は 以下からどうぞ Please visit followings for further detail】


乙06:麻疹(はしか)20190927

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。