日中医療衛生情報研究所

中国 乙07: 流行性出血熱 (2019年05月度) : 日中医療衛生情報研究所


中国 乙07: 流行性出血熱 (2019年05月度) : 日中医療衛生情報研究所

2019年 06月21日 『 中国 乙07: 流行性出血熱 (2019年05月度)

中国 国家衛生健康委は 06月21日、 5月度の 全国法定伝染病情報を 発布。

中な 各類感染症データを 可視化したものは以下から:
中国 国家衛生健康委 06月20日発表データに基づき、 2019年5月度 (5月1日 ~  31日分)のデータを加え、 2008年からの 推移、 月別 発症 ・ 死亡者数の 推移をグラフ化しています。ただし、 実際の発表日は 6月21日ではなく、 6月24日。 衛生健康委が またもや バックデートしたようです

中国 乙07: 流行性出血熱 (2019年05月度) 
2009年を除き、毎年11月が 発症ピーク月となっており、5月~6月に小さなピークがある。 年度別には2012年の13308人をピークに漸減、4年間連続で下降傾向を示していたが2017年は11,264人と前年より2,771人も増えてしまった(それでも350人が削除されている)。
過去をみると 2009年を底に 2012年の ピークを経て 2016年のボトムまで 減少、 そこからは 今現在 上昇傾向にあると言えよう。

2018年度の月報発表数値の年間累計(速報ベース)は12495人と前年同期比8%増だったが、年報では 11,966人(529人を削除)に 修正された。

2019年 05月度は、  939人が 発症(死亡 1名)しているが前年同月比で18%増。

::::::::::::::::::::::::::::

中国 乙07: 流行性熱出血热 (2019年05月度)

根据 中国 国家卫生健康委  06月21日 公布的数据, 可视化了 从2008年 到 现在的 「发病人 / 死亡例变迁」 图表。

在中国的 流行性熱出血热:
2009年以外, 每年 11月份 是 最高峰期, 5 ~ 6月份 是 「小」 高峰期。
病人数 显示 减少的倾向。 从 2012年 到 2016年 发病人 继续 减少。不过,根据 年度报告书, 2017年 病人总数是 11,264人, 比2016年增加了2,771人。

2018年度 各月份月报公布数据的 累积达到了12495人(年同比 107.6%),可是,在年报上 报告的 病人数是 11966人 (529人 被调整了)  。

我以前写的「可是, 因为 计生委 每年做「年末调整」。几百人  到2000人的 病人 突然 被取消。 所以 我们要等待 他们 2月份 发布的 年间报告书」是对了: 笑

2019年 05月份
发病人数 : 939名  从一月份的累积来看 比上个月 减少了 百分之十四。
死亡人数 : 1名。  从一月份的累积来看 比上个月 减少了 百分之百。
根据 这个 病人数, 本年 4个月的累积,比 去年 減少了 百分之六十八。

::::::::::::::::::::::::::::

Epidemic Hemorrhagic Fever (EHF) in mainland China (May 2018)

According to the National Health Commission (NHC)’s notification on June 21, 2019, we visualized the past several years’ diagnosed cases / Death case in several slides (PDF style). However, the information was announced on June 24 not June 21, NHC did backdate again!.

“Epidemic Hemorrhagic Fever (EHF)” in mainland China:

Except for the year 2009, November is the disease’s peak period and the May ~ June period becomes its second peak every year. The number of the cases shows decreasing tendency in the period of the year 2012 to 2016. 

In the year 2017,  the cumulative number of the EHF cases reached 11,614. If compared to the previous year 2016, it showed increase of 25%.
However, as  the National HFPC has been adjusting the number of the cases / deaths by reducing some hundreds to 2,000 when they publish their yearly Infectious Diseases Report every year (at least from 2009 to 2016), we have to wait the National HFPC’s Yearly Report which will be published in Mid. February.” This is what I mentioned on the previous months’s report and which becomes correct. The National HFPC deleted 350 patients again.

In the year 2018, the accumulated number of the disease cases “12,495” was changed to 11,966 (529 cases were deleted) which shows an increase of 220.4% compared with the year 2017.

When looking back the past years, there were bottom year like 2009 and 2016. It seems that now China is on the increasing stage for several years.

May 2019, there were;
Diagnosed cases: 939 cases
Death cases: 1 cases.

【翻訳詳細全文は 以下からどうぞ Please visit followings for further detail】

乙07: 流行性出血熱20190621

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。