日中医療衛生情報研究所

公費ワクチン接種を台湾原住民も対象に : 肺炎球菌感染症予防 : 日中医療衛生情報研究所


公費ワクチン接種を台湾原住民も対象に : 肺炎球菌感染症予防 : 日中医療衛生情報研究所

2024年02月26日 16:00 『 公費ワクチン接種を台湾原住民も対象に : 肺炎球菌感染症予防

衛生福利部 www.mohw.gov.tw 2024-02-26 來源: 疾病管制署

疾管署は本日(2月26日)、「65歳以上の高齢者と55~64歳の原住民(宮本注: 日本語的には『先住民』なのですが、Wikipediaによると台湾国語で「先住民」と表記すると「既に滅んでしまった民族」という意味が生じるため、この言い方は禁じられていることから、台湾の中華民国憲法では、正式的な表記は「原住民」、または「原住民族(拼音: yuánzhù mínzú, 英語: Indigenous Taiwanese / Taiwanese aborigine)」と公式に定められており、彼らにはいくつかの権利が認めているとのことです)の健康を守り、肺炎球菌感染による重篤な合併症や死亡のリスクを減らすために、昨年(2023年)10月から3段階に分けて、65 歳以上の人々を対象に、公費による2回分の肺炎球菌ワクチン接種サービスの提供を拡大するが、これには、13 価結合型肺炎球菌ワクチン(PCV13)1回分と23 価肺炎球菌多糖体ワクチン (PPV23)1回分の接種が含まれ、2回の接種には1年以上の間隔が必要だ。侵襲性肺炎球菌感染症のリスクが高い場合は、少なくとも8週間の間隔を開けねばならいが、今日(2024年)1月9日から、免疫防御強化のために55~64歳の先住民族に対しPPV23の公費1回投与を提供する」と発表した。

CDCによると、現在ワクチンの接種対象となる65歳以上の人口は464万8千人で、PCV13/15ワクチンとPPV23ワクチンの2回接種を完了した人は57万7千人で、接種率は約12.4%となっている。ワクチン

:::::::::::::::::::::::::::::::

To completely prevent invasive Streptococcus pneumoniae infection, approximately 6,000 high-risk subjects who are eligible for public funding are requested to complete the second dose of vaccination as soon as possible. It is also reminded that the eligibility for public funding has been extended to aboriginal people aged 55-64 years old. Those who have not yet been vaccinated are encouraged to actively get vaccinated to enhance immune protection

Ministry of Health and Welfare www.mohw.gov.tw 2024-02-26 Source: Disease Control Department

The Department of Disease Control and Prevention stated today (Feb. 26) that in order to protect the health of elderly people over 65 years old and aboriginal people aged 55-64 years old, and reduce the risk of serious complications or death caused by Streptococcus pneumoniae infection, starting from October last year (2023), it will be divided into three phases, we expand the provision of two-dose publicly funded pneumococcal vaccination services for people over 65 years old, which includes one dose of 13-valent conjugated pneumococcal vaccine (PCV13) and one dose of 23-valent pneumococcal polysaccharide vaccine (PPV23), with an interval of at least 1 year between the two doses. If you are at high risk of invasive pneumococcal infection, the interval should be at least 8 weeks. And starting from January

:::::::::::::::::::::::::::::::

完整預防侵襲性肺炎鏈球菌感染,請約6千名符合公費資格之高風險對象儘速完成第二劑疫苗接種,亦提醒公費資格已擴大至55-64歲原住民,請尚未接種者踴躍接種,提升免疫保護力

衛生福利部 www.mohw.gov.tw 2024-02-26 來源: 疾病管制署

疾管署今(26)日表示,為維護65歲以上長者及55-64歲原住民健康,降低因感染肺炎鏈球菌而導致嚴重的併發症或死亡風險,自去(2023)年10月起分三階段,擴大提供65歲以上民眾兩劑公費肺炎鏈球菌疫苗接種服務,包括1劑13價結合型肺炎鏈球菌疫苗(PCV13)及1劑23價肺炎鏈球菌多醣體疫苗(PPV23),兩劑接種間隔至少1年,如為侵襲性肺炎鏈球菌感染症高風險對象則間隔至少8週即可,並自今(2024)年1月9日起,提供55-64歲原住民公

【翻訳詳細全文 は 以下からどうぞ Please visit followings for further detail】

20240226E 公費ワクチン接種を台湾原住民も対象に :肺炎球菌感染症予防(衛生福利部)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。