日中医療衛生情報研究所

麻疹症例接触者の自主健康観察期間終了 新規症例なし : 日中医療衛生情報研究所


麻疹症例接触者の自主健康観察期間終了 新規症例なし : 日中医療衛生情報研究所

2024年 03月26日  『 麻疹症例接触者の自主健康観察期間終了 新規症例なし

衛生福利部 www.mohw.gov.tw 2024-03-26 來源: 疾病管制署

Measles

疾病管制署は本日(3月26日)、「最近、麻疹の新規感染者は確認されていないが、今年(2024年)までに20歳から40台までの国内感染者5例、輸入者4例計計9例を維持しており、輸入症例中2例はマレーシアで感染、2例は航空機内でのクラスター感染者だった。3月24日までに関連接触者計1,918人がリストアップされていたが、既に全員の観察期間が終了し、新たな感染者は見つかっていない。とはいえ、国際的には流行が続いており、国内はまだ好発の季節にある。流行の発生リスクはいまだに残っている」と

::::::::::::::::::::::::::::

The voluntary health monitoring of contacts of confirmed measles cases in Taiwan has expired, and there are no new cases, however, as the international epidemic continues, the public should still be vigilant and take precautions

Ministry of Health and Welfare www.mohw.gov.tw 2024-03-26 Source: Disease Control Department

The Department of Disease Control stated today (March 26), that there have been no new confirmed cases of measles recently, and this year (2024), there have been a total of 9 cases, ranging in age from 20 to 40 years old so far. 5 cases are local cases and the other 4 cases are imported cases. Two of the infected countries are Malaysia. , 2 cases were cluster infections on aircraft. As of March 24, a total of 1,918 relevant contacts have been listed, and all monitoring

::::::::::::::::::::::::::::

國內匡列之麻疹確診個案接觸者自主健康監測均已期滿,無新增個案。惟國際間疫情持續,民眾仍應提高警覺加強防範

衛生福利部 www.mohw.gov.tw 2024-03-26 來源: 疾病管制署

疾病管制署今(26)日表示,近期無再新增麻疹確診病例,今(2024)年迄今維持累計9例,年齡介於20至40多歲,5例為本土病例,另4例為境外移入病例,其中2例感染國家為馬來西亞、2例為航空器群聚感染個案。截至3月24日,相關接觸者總計匡列1,918人,已全數監測期滿,無新增個案。惟國際間疫情持續,且國內處好發季節,

【翻訳詳細全文は 以下からどうぞ Please visit followings for further detail】

20240326E 麻疹症例接触者の自主健康観察期間終了 新規症例なし(衛生福利部)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。