日中医療衛生情報研究所

台湾のMpoxはWHOの根絶認定条件を満たしているが : 日中医療衛生情報研究所


台湾本土のMpoxはWHOの根絶認定条件を満たしているが、ワクチン接種対象者は自らを守り予防と治療成果維持のため早急にワクチン接種2回の完了を: 日中医療衛生情報研究所

2024年02月20日 『 台湾のMpoxはWHOの根絶認定条件を満たしているが  

衛生福利部 www.mohw.gov.tw 2024-02-20 來源: 疾病管制署

疾病管制署(以下CDC)は本日2月20日、台湾では2022年6月23日Mpoxを第二類法定感染症に指定したが、2024年2月19日時点で累計確診症例数は360例(本土症例340例、輸入症例20例)となっているが、2023年11月13日に台湾最後の患者が見つかってから既に14週連続で新たな本土確診症例は報告されておらず、WHOのいう「診断と監視報告の改善により、3か月以内に症例が発生しないこと」という根絶条件に合致したが、最近海外から輸入されたM-poxの確診症例がまだ1例あり、男性は1月末に中国から入国していた20代の台湾籍男性だがワクチンは未接種だった。2月上旬、体に潰瘍及び水疱が現れたために病院を受診後に確定診断され通報したが、これは本年初の輸入症例であり、海外からの輸入リスクは依然として存在していることが示されている。特に、西太平洋と東南アジア地域における流行は昨年後半に大幅に増加しており、12月以降は減速し始めており; 欧州では昨年10月から流行が増加し、今な

:::::::::::::::::::::::::::::::

The local M-pox epidemic in Taiwan has met the World Health Organization’s conditions for elimination, people, however, who are eligible for Mpox vaccination are still reminded to complete 2 doses of vaccination as soon as possible to protect their own health and preserve the results of prevention and treatment

Ministry of Health and Welfare www.mohw.gov.tw 2024-02-20 Source: Disease Control Department

The Department of Disease Control and Prevention (hereinafter referred to as the CDC) stated today (Feb. 20) that Taiwan has classified Mpox as the second category of notifiable infectious disease since June 23, 2022, as of February 19, this year (2024), a total of 360 cases have been diagnosed (340 local cases and 20 imported cases), Since the last local case of M-pox appeared in Taiwan on November 13, 2023, there have been no new confirmed cases of local M-pox for 14 consecutive weeks, in line with the World Health Organization (WHO)’s “With improved diagnosis and surveillance reporting, no cases have occurred within 3 months,” however, there is still one confirmed case of M-pox recently imported from overseas. He is a male in his 20s who has not received the Mpox vaccine and entered the country

:::::::::::::::::::::::::::::::

我國M痘本土疫情達世界衛生組織疫情消除條件,惟仍提醒符合M痘疫苗接種條件之民眾,儘速完成2劑疫苗接種,保護自身健康與保全防治成果

衛生福利部 www.mohw.gov.tw 2024-02-20 來源: 疾病管制署

疾病管制署(下稱疾管署)今(20)日說明,我國自2022年6月23日將M痘列為第二類法定傳染病,截至今(2024)年2月19日累計確診360例病例(340例本土及20例境外移入),而國內自2023年11月13日出現最後一例本土M痘個案後,已連續14週無新增本土M痘確診個案,符合世界衛生組織(WHO)所訂「在完善診斷與監測通報下,3個月內未出現病例」的疫情消除條件。但近期仍有1例境外移入之M痘確診個案,為20多歲未接種M痘疫苗之本國籍男性,1月底自中國入境,2月初因身體出現潰瘍及水泡就醫後通報確診,為今年首例境外移入M痘個案,顯示境外移入風險持續,尤其西太平洋及東南亞區去年下半年疫情明顯上升,12

【翻訳詳細全文 は 以下からどうぞ Please visit followings for further detail】 20240220G 台湾のMpoxはWHOの根絶認定条件を満たしているが(衛生福利部)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。